Menu
FETURES
特集

冬の部屋着選び!押さえておくべき5つのポイント

冬の部屋着選び!押さえておくべき5つのポイント

冬の部屋着選びは寒い冬を乗り切る上でとても重要なポイントです。機能はもちろん、デザイン性やファッション性、可愛く見えるかどうか等、重要視する点は人それぞれだと思います。そこで、ここではあなたが冬を乗り切る部屋着を選ぶ際に、確認しておきたい5つのポイントをご紹介します。是非参考にしてください。

1.温もりを逃さない保温性の高い部屋着

温もりを逃さない保温性の高い部屋着

冬でも部屋の中にいてじっとして動かないわけではありません。ゴロゴロ寝転がったり、トイレにいったり、料理をしたり、あなたは行動していると思います。そんな時、部屋着がいちいちはだけてしまったり、部屋着に隙間があいていると冷気がすっと入り込んできて、あなたの身体を冷やしてしまいます。冬は特に、できるだけはだけにくく、温もりを逃さない部屋着を選ぶことがポイントです。

2.ふわふわ心地よいやわらかな肌触りの部屋着

ふわふわ心地よいやわらかな肌触りの部屋着

部屋着は生地が長い時間肌に触れた状態になるので、素肌に触れても不快にならない柔らかくふわふわな生地が心地よいでしょう。特に冬は、温かい季節と比べて身体を包み込む面積が多くなります。そのため、やわらかな肌触りの部屋着を着用すれば、暖かな毛布にくるまれているような心地よさがあります。寒い冬は肌着や重ね着で温かさを調整するため、インナーを選ばないタイプの素材をおすすめします。

3.動きやすい部屋着を選ぶ

動きやすい部屋着を選ぶ

冬は重ね着をして動きが鈍くなります。また、ほとんど動かないから厚着で動けなくても問題ないという方もおられるでしょう。しかし、暖かさを保ったまま動くことが出来る、動きやすい部屋着を選ぶことで、冬の引きこもり生活は格段に快適なものになります。冬は大きな動作もストレスなく出来る部屋着を選びましょう。 中には、着たままトイレにいけてしまう部屋着もあります。冬の寒いトイレでも、部屋着の温もりを保ったまま用が足すことができれば寒さも多少緩和するでしょう。

4.そのまま寝落ちしてもOKな部屋着

そのまま寝落ちしてもOKな部屋着

温かい季節であれば薄手の部屋着で、そのまま寝落ちちしてしまっても問題ないでしょう。 しかし、冬に薄着で寝落ちしてしまうと寒さや冷えで目覚めることがあります。 冬でもよく寝落ちしてしまうという方は、部屋着の中でも温かい、頭からつま先まで包んでくれる部屋着をおすすめします。寝てしまったら気持ちよすぎて起きられない可能性もあるので要注意です。冬の薄着での寝落ちは、風邪をひいてしまう可能性もありますので気をつけてください。

5.冬でも見た目はかわいい部屋着をチョイス!

冬でも見た目はかわいい部屋着をチョイス!

所詮部屋着。されど部屋着。見た目やデザインは非常に重要です。部屋着のセンスで、家族や友達からの印象もガラリと変わります。また、自分自身の満足度もUPします。部屋着のままの写真をSNSへの投稿等、かわいい部屋着なら全て解決できます。一見、部屋着に見えないような部屋着もあるので、ファッションやお洒落をする感覚で部屋着を選んでみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

まとめ

いかがでしたか、冬の部屋着を選ぶ時は、この5つのポイントを抑えておけば、まず間違いないでしょう。寒い冬を部屋着でダラダラ快適に過ごすために、是非参考にしてください。 どうせ買うなら欲張って、機能面とデザイン面の両方を満たした部屋着を手に入れたいですね。

冬の部屋着におすすめのビビラボ製品

冬の部屋着選びの、押さえておくべき5つのポイントを満たしたアイテムを紹介します。まずは詳細をチェックしてみてください。

番外編

ここでは冬に使える部屋着の番外編を紹介します。セーラー服を部屋着にしてしまった、ビビラボの「セラコレ」シリーズの商品です。 こちらも詳細をチェックしてみてください。

POPULAR PRODUCTS 人気の商品
POPULAR ARTICLE 人気記事