Menu
FETURES
特集

横向き寝枕でいびき改善?厳選いびき対策枕4選

「家族やパートナーからいびきがうるさいと言われてしまった。」

このページに来ていただいた方は、同居者からいびきを指摘されて悩んでいる、といった方が多いのではないでしょうか。

いびきに悩む方のために比較的即効性のある方法としていびき対策に役立つ枕について中心的にご紹介します。

いびきは放っておくと同居者に迷惑をかけるだけでなく、睡眠の質を下げ、自分自身の健康を害したり日々の仕事・勉強への集中力を低下させる原因となります。早いうちに自分にあった対策方法を知ることが大切です。

では、対策に入る前にまずはいびきの原因についてみていきましょう。

実は、いびきの根本原因は一つだけ

いびきの原因は人によって異なりますが、共通していることは寝ているときに気道が狭くなってしまうことです。気道とは、呼吸をしているときに口と鼻からのどにかけて空気の通り道になる部分です。ではどういったときに気道が狭くなるのでしょうか。

気道が狭くなる原因
①仰向けに寝ているとき
②太っていること
③生活習慣(飲酒・ストレス)
④寝ているときに口呼吸をしている、鼻づまりがある

特に、いびきの原因のとしては「仰向けに寝ている」という要因が大きいようです。

なぜ仰向けに寝る事がいびきにつながるのでしょうか。

寝ている間は筋肉の緊張が緩むため、舌が気道に落ち込みます。そしてそのことによって気道が狭くなり、狭まった気道が呼吸のたびに振動することでいびきがしてしまう、というメカニズムになっています。

出典 http://suimin-shougai.net/

②~④の原因も同じように気道が狭くなることの要因となっています。太っている人の場合、首の回りの脂肪が多くなるため気道が狭くなります。また、アルコールを飲んだすぐあとに就寝すると筋肉の緊張がゆるみやすくなり、口呼吸の人も口が開いている状態だと、舌が気道に落ち込みやすくなります。

いびきの対策

いびき対策のもっとも重要なポイントは気道を確保する、ということです。

そこで、まず初めに取り組みやすい対策として日々の睡眠に「横向きに寝る」ということを取り入れましょう。横向きに寝ることは最も即効性があり、効果が高い対策と言えるでしょう。

横向きで寝ることによっていびきの原因である気道への舌の落ち込みを防ぎ、いびきが発生しにくくなります。

かといって、仰向けに寝る習慣がついている人が寝ているときに横向きに寝る事を意識するのは難しいと思われるでしょう。そこで横向きに寝やすい枕の利用をおすすめします。

いびき対策におすすめの枕4選

①気道の開きやすい形状の枕

気道の開きやすい形状の枕

出典 https://goo.gl/WM9vDJ

首もとが通常の高さの枕より高くなっている枕です。それによって、寝ているときに気道が開きやすい姿勢を保てるようになっています。中のパイプの量によって、自分の高さに調節できるのもおすすめのポイントです。

②横向き寝の専用枕

横向き寝の専用枕

出典 https://goo.gl/s7p3Uv

横向き寝のために設計して作られた枕です。頭、腕、肩、首を4点で支えるように作られていて、横向き寝のときも最適な姿勢で寝ることができます。

③抱き枕にもなるタイプの横向き寝枕

抱き枕にもなるタイプの横向き寝枕

出典 https://goo.gl/5OsGhM

身体のラインにフィットして、自然に横向きの姿勢で寝る事ができる枕です。左右の向きを変えることで、抱き枕としても使用することができます。

④挟まれるタイプの大型横向き寝枕

挟まれるタイプの大型横向き寝枕

通常の抱き枕の約2倍の大ボリュームで全身を包みこみます。抱き枕には気持ちを安心させる効果もあり、特に寝付きが悪い方はこの枕がおすすめです。安眠・安心感とともに自然に横向き寝の姿勢になり、いびきの原因となる気道が狭まってしまうことを防ぐことができます。他の枕では朝になるまでに放してどこかにやってしまう、という方でもこの枕なら朝までふかふかに包まれながら横向きをキープできるでしょう。

最後に…グッズによる即時的な対策だけでなく、適度な運動も大切です。

これらの枕を寝るときに使用することで、いびき対策の大きな助けになるでしょう。その他の対策として、例えば、口呼吸の対策方法としては寝ているときに使うマウスピースや口を閉じた状態にするシール、鼻孔を拡張するシールなどのグッズなど様々なものがあり、同じようにいびきを抑えることができます。

一方、肥満や生活習慣の改善といった根本的な問題の解決には日々の運動など長期的な取り組みが必要になります。普段家で寝るときは今回ご紹介した枕グッズなどを活用していびきを抑え、それと並行して日々の体質改善を行いましょう。ストレスがいびきの原因となっている方には運動によるストレス発散という面での効果も期待できるでしょう。

生活習慣の改善によって、少しずついびきのかきにくい体質に変えていくということは、家にいるときだけでなく外出先でもいびきをかかないということです。

適切な対策を組み合わせて実施していくことで、友人と旅行にいくときでも恥ずかしい思いをすることのないようにできるでしょう。

冬のあったか部屋着シリーズ

POPULAR PRODUCTS 人気の商品
POPULAR ARTICLE 人気記事